本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【レビュー】Latunaラチュナのまな板を実際に使って感じたメリット/デメリット

まな板っていろんな種類があってお値段も様々ですよね。

Latuna(ラチュナ)のノンスリップカッティングボードをインスタなどのSNSで見かけて、

どんなメリット・デメリットがあるのか実際の口コミが気になる方も多いのではないでしょうか?

  • お手頃価格のまな板を探している!
  • キズや汚れが目立たないまな板が欲しい!
  • 滑らない安定感抜群のまな板が欲しい!
  • まな板を買い替えたいけど、正直まな板はどれも一緒な気がする…

Latuna(ラチュナ)の『ノンスリップ カッティングボード』は、こんな人におすすめですよ!

私は使用していたまな板の傷と、漂白しても取れない汚れが目立っていたので買い替えるために探していたところ、この商品を見つけました。

この記事では、『ノンスリップ カッティングボード』を実際に使った感想と、不便だと感じた点も含めて正直にご紹介します!

この記事でわかること
  • 『ノンスリップ カッティングボード』の特徴
  • 実際に使って感じたメリット・デメリット
目次

Latuna(ラチュナ)『ノンスリップ カッティングボード』の特徴

まずは『ノンスリップ カッティングボード』の特徴を紹介します。

①とにかく滑らない!

側面にゴムがあるので、安定感抜群です!

斜度50度でも滑らない仕様になっています。

私の家はステンレスのキッチンなので、滑り止めがないまな板を使用している時はまな板がクルクル回って不安定でした。

しかし、Latunaのまな板に替えてからは安心して使用することが出来ています。

②両面使える!

表面
裏面

両面使えるので、「生食」と「加工食」で使い分けができるので便利です。

『お肉を切った後に野菜を切ると匂いが移りそうで嫌だけど、いちいち洗ってから野菜を切るのはめんどくさい…』というときに、両面活用しています。

ズボラさんには両面使えることは嬉しいポイントです♪

③衛生面をとことん追求!

キズがつきにくく、色が移りにくい素材が使われています。

漂白もOK!食洗機にも対応しています。

水切れが良く、洗った直後もさっと拭けば乾くのも便利です。

『有害物質なし×細菌なし×化合物なし』で、衛生基準をクリアした安心の商品です。

④すりおろし機能も付いている!

裏面にすりおろし機能がついています。

少量すりおろしたいけど、すりおろし器を出すのはめんどうな時に活躍します。

バーベキューなどで、わざわざすりおろし器を持って行かなくてこれ1枚あれば便利ですね!

⑤深さがあるので液体が流れない!

深さ1.3cmの厚みがあるので、汁気がこぼれにくいです。

通常のまな板で汁気の多いものを切ると、作業スペースにまで液体がこぼれてしまうことも多いのですが、このまな板ならその心配はありません。

実際に使ってみて感じたメリット!

実際に使っていて感じるメリットは以下の5つです。

①サイズが大きいので切った具材が置ける

サイズが34×27cmと大きいので、まな板にカットした具材を置けることがとても便利です。

我が家は狭いキッチンで作業スペースがないので、まな板が切った野菜などの置き場としても重宝しています。

②安定感があるので、シンクの上でも使える

私は狭いキッチンの作業スペースを確保するために、シンクの上で使用しています。

フチがあってゴムのところでしっかり止まるので、安定感抜群で滑らないのは助かるポイントです。

狭いキッチンでお困りの方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね♪

③傷や汚れが目立たない

色が白ではなく、ベージュなので傷や汚れが目立たないのは良いポイントです。

私はズボラなので、こまめにお手入れしないといけない繊細な調理器具は苦手なのでとても助かります。

半年間、ほぼ毎日使用していますが現時点で気になる汚れはありません。

④軽すぎず重すぎない、ちょうどよい重量

重さ約600gという、私にとってはちょうど良い重量です。

かぼちゃなどの固いものを切った時に、軽いまな板だとツルツル回転してしまって切りづらい。

ある程度ずっしりしていて、力を入れても安定している重さがあるのが良い点です!

⑤フチがキッチンの汚れを防ぐのに活躍する

まな板に深さがあるので、トマトなどの水気の多い食材を切る時は、本当に役立ちます。

フチのあるまな板を使ったのは初めてですが、こんなにも便利なのかと驚きました♪

キッチン周りの汚れが減りました!

実際に使ってみて感じた惜しいところ・デメリット!

多くのメリットがありますが、その反面、以下3点のデメリットがあります。

すりおろし機能は正直使わない

私は元々すりおろし器を使った料理をすることが少ないので、この機能はあまり使いません。

また薬味として少量の薬味を用意したいときは、市販のチューブを使うことが多いので、まだ活用できていないです。

アウトドアなどで使用する人は、まな板とすりおろし器の機能を備えているので一石二鳥で便利だと思います。

切ったときの音が響く

傾斜がついていて下が空洞なため、切ったときの音は響きます。

私は便利であればOKなのでそこまで気にならないです。

『まな板にはこだわりがあって、使い心地が大事!』という人には、おすすめではないかもしれません。

狭いシンクだと洗うのが少し大変

まな板が大きい分、シンクが狭いと洗うのが少し大変だと思います。

工夫しながら洗わないと、シンク周りが水でビチャビチャになってしまうので要注意です…。

また食洗機対応ですが、大きいのできちんと食洗機に入るのか確認も必要だと思います。

『ノンスリップ カッティングボード』はコスパ最強のまな板!

こんなに工夫が詰まっていて、2,000円以内なので買って損はないと思います。

お手頃な値段なので、これから一人暮らしを始める料理初心者にもおすすめです。

まな板は正直どれも同じだろうと思っていたので、とても便利で感動しました♪

購入を迷っている方は、ぜひこの記事を参考にして購入を検討してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次